33歳女 着圧ソックスと適度な運動でむくみを予防

私は現在30代の主婦です。
私は幼いころから少し腎臓が弱く、むくみやすい体質でしたが、社会人になって長時間座りっぱなしだったり、疲れがたまりやすくなるとむくみがどんどん悪化してしまいました。
むくみは夕方から特に酷くなり、よくテレビコマーシャルなっでいうようなパンパンに張って足が痛いという言葉が正にぴったりなほどでした。
靴も当然きつくなってしまうし、靴下の跡はなかなか取れないし、また、酷い時には翌朝まで引きずってしまうほどでした。
そこで、これはさすがにまずいと思いむくみ対策をすることに決めたのです。
対策としてまず最初に思いついたのは着圧ソックスです。
私は会社で働いている間にも履けるハイソックスタイプを履いていました。
これがなかなか効果抜群で、夕方になっても足がだるくパンパンに張ることがなくなったのです。
夕方にいつも脚のスネを押すと軽くへこんでしまうほど酷かったむくみがすっきりとしていて、全くへこみませんでした。
また、もう一つはよく歩くようにも心掛けていました。
むくみやすい原因の一つに、足を長時間動かさないことによって代謝をうながすポンプ機能が低下してしまうと言うことを知って、なるべく意識して足を動かすようにしました。
帰りに一駅前で降りて歩いてみたり、社内でも適度に休憩をはさんで足首を回したりと意識しました。
足を動かすこと自体は、着圧ソックスに比べるとそこまで劇的な効果は感じられませんでしたが、足首を回したりすると足の疲れが取れてすっきりする感じはしました。
今も、むくみ対策には着圧ソックスを愛用しています。
着圧ソックスは即効性もあり辛くて痛いむくみを改善するのにはとても効果的でしたので、パンパンに張ってしまうむくみに悩んでいる方は是非一度着圧ソックスの使用をおすすめします。
また、それと並行してむくみ予防のための適度な運動や、塩分を摂りすぎない食事なども合わせるとより効果的でした。
私もこれからもむくみにくい体を目指して対策をしていきたいと思っています。